お菓子の遥穂堂

独学素人・動ける製菓マニアの、お菓子作り日記♪

スポンサーサイト

--.--.-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告  Top

新潟県産枝豆のまんまる饅頭

2012.08.27 Mon 21:44

新潟県産枝豆を使ったお菓子、第二段。
のめしこいてお義母さんに茹でてもらった枝豆、です。
(のめしこく→怠ける、のめしこき→怠け者)

ずんだ餡を包み込んだお饅頭です。
お饅頭は初チャレンジ(・∀・)

近くのお菓子屋さんに枝豆のお饅頭が売っていて、それが凄く美味しくて。
そんなお饅頭が出来ると決めつけてたんですが…

edamame-manjyuu1.jpg

全っ然、思い通りに出来なかった!!

焼き立てだったのもあり、皮がクッキーみたいな食感(´Д`)
翌日とか翌々日くらいに食べたらもしかしたら馴染んでたのかも。
でもそんな事にも気付かずに、
「固いけど、ソフトクッキー風のお饅頭でもいっか」と前向きに。
前向きっていうか自分を擁護しただけです(涙)

それでもずんだ餡はバッチリ、中身は美味しかったですよ♪





お饅頭の皮を作って薄く伸ばし、ずんだ餡を絞り入れます。

edamame-manjyuu2.jpg

卵黄とみりんを混ぜ、艶出しを塗ります。
みりんってところが和風食材ですよね☆

edamame-manjyuu3.jpg

形も枝豆に(*´∇`)遊びながら作ってみた形も。

edamame-manjyuu4.jpg

今回、皮は残念だったので、またお饅頭に再チャレンジしてみたいと思います♪

edamame-manjyuu5.jpg

枝豆の形のお饅頭は…、見るも無惨で、アップできませんでした(;´∩`)




さて、今週末でようやく夏休みが終わります。
もー、長かった…!!
学校が、給食が、いかに有難いか分かりますね;
もうちょっと頑張ります(><)

夏休み終盤、うちの天然息子の宿題の“おもしろ解答”を一部ご紹介します。

syukudai1.jpg

うーん、これは正解か不正解か…(笑)確かに悲しそうだ…。
情緒豊かだが、曲線で悲しさを表現しても×!

syukudai2.jpg

気持ちは分かるが、間違っている!



面白さで5点くらいもらえませんか、先生。









応援クリックしてもらえると嬉しいです♪ 有り難うございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
こちらも応援有り難うございます。
スポンサーサイト

Category:和風のお菓子  Comment:12  Trackback:0  Top

新潟県産枝豆の夏実大福

2012.08.21 Tue 23:43

現在、おうちPattiserie協会で夏休みの宿題が出ています。
お題は「夏らしい素材を使ったお菓子・パン」
私も遅ればせながら提出させて頂きました(´∀`)/

夏のビールのお友達・枝豆を使った生大福。
雪見大福ならぬ夏実大福です♪

edamame-daihuku1.jpg

枝豆をずんだ餡にして、求肥(おもち)の中に包み込みました。
中のクリームはココナッツ生クリームです☆

前に作った枝豆とココナッツのプリンがとっても美味しくて(´∀`)
素材を枝豆に決めた時点で、ココナッツを脇役にしようと思いました。

edamame-daihuku3.jpg

柔らか~い求肥にずんだ餡の和風な味わい。
でもココナッツの生クリームが全部を「和」にしないで、洋菓子をも感じさせました。
断面も色鮮やかな緑。
自然の緑です。

美味しい(*´∇`)




うちの裏庭では、きゅうり・トマト・茄子なんかが獲れますが、
両実家に行けば更なる野菜が丁寧に育てられています。
特に美味しいのが枝豆!
実が厚くてしっかりしてて、食べ始めたら止まりません。

そんな絶品枝豆をお義母さんに、「茹でたの、ください」とお願いしました。
(自分で茹でろよ…嫁…)

edamame-daihuku5.jpg

枝豆をさやから取り出す。(これは簡単ですね)
薄皮をひとつひとつ剥く。(これが面倒なの。誰かやってほしい)

↓まるで大量のマスカットでも食べたか?と言わせんばかりの薄皮たちよ。

edamame-daihuku6.jpg

そうして綺麗に薄皮をむいた枝豆を滑らかにピューレにし、砂糖と塩をプラス。
ようやく「ずんだ餡」の完成です☆

edamame-daihuku7.jpg

求肥を作って薄く伸ばし、ココナッツ生クリームとずんだ餡を入れて包みます。
でも…この時確かにクリームを敷いたのに、断面ではどこかに消えてしまってます(涙)

edamame-daihuku8.jpg

求肥がホントに柔らかくて…(*´∀`*)
出来立ては最高でした。

クリームも、ココナッツが主張しすぎると枝豆が消える懸念があったので、
軽くココナッツが香る程度にしたのですが、それが良かったと思います♪

大福が綺麗に丸まった時…この上なく嬉しくなっちゃうから(←これがオタク)、
また作りたいな(´∀`)

edamame-daihuku0.jpg


夏休み真っ最中の子供達、君たちは宿題は嫌なものだろうけど、
私への自由課題は心地よいものでした。
こんな刺激を与えてくれたおうちPattiserie協会には感謝です☆
楽しく取り組ませてくれて、有り難うございました!

協会HPには他の方の研究発表もありますよ♪
おうちPattiserie協会HPはこちら↓↓









応援クリックしてもらえると嬉しいです♪ 有り難うございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
こちらも応援有り難うございます。

Category:和風のお菓子  Comment:8  Trackback:0  Top

マッチョ・ムース

2012.06.01 Fri 23:55

抹茶ムースを作りました(*´∀`*)

私が筋肉好きなのを知ってか知らないでか、試食してくれた方が
「マッチョムースご馳走様」と、いかした言葉をくれました(笑)

決して筋肉増強剤みたいなムースではありません(´∀`;)

maccho1.jpg

ムースやババロアなんかは、何層にもしなければ楽ちんなスイーツ。
特にこのムースは卵が入っていない。
だから卵黄にシロップを入れたりもしない、卵白をメレンゲにもしない、
おうちスイーツの代表みたいなもんですね♪

でも、美味しい抹茶粉と美味しい生クリームがあれば、極上の抹茶ムースに♪
素材って、やっぱり大事なんだと改めて思います。

上には小豆と生クリーム、黒豆を飾りました。
ほんとは甘露煮の栗も欲しかったけど;

maccho2.jpg

抹茶ムースの中には小豆をしのばせて。

時間があれば白玉も中に入れたかったです。
上に飾ると折角の柔らかい白玉が乾燥しそうで…当初は中に入れる算段でした;

maccho3.jpg

でも、これだけでも十分♪ヽ(´▽`)/
美味しくマッチョになれた感じです(笑) ご馳走様でした。






去年の今頃、祖母の具合がちょっと悪くなってきていました。
あれよあれよと言う間に悪化して、6月中に亡くなってしまったけど…

そのおばあちゃんも抹茶のお菓子が大好きだったなぁ、って。
そんな想いも重ねて、久しぶりに作ってみました。

おばあちゃん、いかがですか?(・∀・)








応援クリックしてもらえると嬉しいです♪ 有り難うございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
こちらも応援有り難うございます。

Theme:手作りお菓子  Category:和風のお菓子  Comment:8  Trackback:0  Top

抹茶とあんこのマーブルケーキ

2011.09.11 Sun 06:00

今日は、父方の祖父の祥月命日。
去年は確かどら焼きを持って行きました。→ 去年の話

今年は、「抹茶とあんこのマーブルバターケーキ」をお供えとします。
じいちゃーん、こんなハイカラなお菓子は好きかな??(´∀`)

macchaan1.jpg

これは、
「何度でも食べたい、ずっと作り続けたい、毎日の焼き菓子と特別な日のケーキ」
という、稲田多佳子さんの本を参考に作りました。
お馴染み、さすが稲田さんの本ですよね。 タイトル長いです!

このバターケーキ、メレンゲに溶かしバターを加えて、粉類を混ぜる作り方。
(初めて作りました!)
だから卵黄は全く入っていません。

あっさりしてるのかなーと思いきや、粉類の殆どはアーモンドプードルだから
コクがあって、どっしり。

時折口に含まれるあんこのせいもあるのか、驚く程しっとりしたケーキです。
キメが詰まってて固いようにも見えるけど、そうじゃないんです。
超しっとり~ヽ(´▽`)/

macchaan2.jpg

抹茶とあんこのマーブルって、粋ですね♪

こんな風に個包装すれば、ちょっとはよそゆきの表情になったかな?
只でさえシンプルなこの子だから。

macchaan4.jpg

このケーキに使った抹茶の量、本当のレシピの6倍なんです。
稲田さんは抹茶はほんのり色付け程度、と仰ってるので、それも理解できます。
でも私はどうせならガッツリ抹茶を目立たせたかった。
あんこが甘い分、渋みもちゃんと感じられるように。

ほんとは↓こんな色のケーキでした。
macchaan5.jpg

稲田さん、すみません!! 
でも、抹茶もあんこも主張して、美味しかったです♪(*´∀`*)





さて、今日は実家で稲刈り。
稲刈りは、刈り取った稲の粉が肌にまとわりつき、チクチクして嫌です
でも、汗かいて労働するのは悪いもんではありません。(どこまでも体育会系)

しかし!! 私はバレーの大会に行くいうバカ娘。

(あわわわわ。 みんな、ごめん!!ほんっとごめん!!)

今回はどうしても参戦しなくちゃいけないんです。
県内No.1のライトアタッカーであろうという方が、少し怪我されてしまって、
その方の代わりです。
私じゃ荷が重いけど、11月の本大会でその方が活躍できるように!
今日の予選をがんばらなきゃ!!

1か月で上達するほど器用じゃないけど、一生懸命練習してきたから。

家のみんなには申し訳ないけど、、、いざ、大会に行ってきます!!








応援クリックしてもらえると嬉しいです♪ 有り難うございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
こちらも応援有り難うございます。

Category:和風のお菓子  Comment:18  Trackback:0  Top

苺大福・三段活用

2011.02.13 Sun 07:19

今年は訳あって、毎年恒例のバレンタインチョコは作らないことに決定。
すっかり戦線離脱です。 時間を持て余す連休。
(えぇ!?お菓子ブログなのにバレンタインチョコを作らないなんて!!)

そんな訳で。 少し前に作った、チョコとはかけ離れた和菓子。

苺大福を「基本」と「変わり種」で作ってみました。
苺大福、苺ダイフカー、苺ダイフケストの三段活用です。

まずは普通の苺大福。 こちらは「優しい和菓子」という本を参考に。
求肥はレンジで簡単に作れる、超らくちんレシピ。
苺にあんこを包んで、それを求肥でくるむだけです☆

daihuku1.jpg

カットすると、きちんと苺大福。 わぁ~お、凄い!!ヽ(´▽`)/
本当に簡単に出来て、むしろ洗い物のほうがベトベトで大変。

こんなに簡単にできるなんて…、もっと色々試してみた~い♪(←おたく)

daihuku2.jpg

ということで、苺大福のバージョンアップ、苺ダイフカー。

苺チーズあん大福。 苺にクリームチーズとあんこを包みました。

daihuku3.jpg

ぱかっと。 予想外に左右に分かれちゃいましたが、上下の予定でした;

こちら、意外にもあんことクリームチーズと苺が合うんですよ~☆
騙されたと思って、是非お試し頂きたい♪

daihuku4.jpg


最後に、苺大福の更なるバージョンアップ、苺のレアチーズ大福。

  daihuku5.jpg

クリームチーズで苺を包み、その上に苺ジャムを乗せた、苺レアチーズ風の大福。

  daihuku6.jpg

これは、もちろん間違いない組み合わせなので美味しかったですが、
意外にも「苺+クリームチーズ+あんこ」が一番美味しかった☆
どら焼きでも然りだったけど、クリチ+あんこは、止められない組み合わせです♪


にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
こちらも応援有り難うございます。


Theme:手作りお菓子  Category:和風のお菓子  Comment:16  Trackback:0  Top

Calendar

2017.08.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

遥穂(はるほ)

Author:遥穂(はるほ)

お菓子作りと紅茶が大好き。
製菓モットーは、身近な材料で
値段以上のものを作ること。

お菓子を好まない子供二人。
野球少年(小4)
バレー少女(小3)

自身バレーボーラーです。
バレー好きの方も大歓迎☆


※記事に関係ないと思われる
 コメントは、勝手ながら
 削除させて頂きます。

最新記事

**ランキング参加中**

↓応援クリックお願いします!
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

**こちらも参加中**

↓こちらも有り難うございます☆

おうちパティスリーにも☆

↓製菓ファンの集まりの場♪

レシピブログ

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

count

ブロとも申請フォーム

Copyright © お菓子の遥穂堂 All Rights Reserved.

Illust by ふわふわ。り / Designed by Flug

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。